骨盤 歪み 原因

骨盤ってどうして歪みが出る?原因って?

骨盤って、年齢を重ねるとだんだんと足に影響が出てくるのが骨盤の歪みがよくわかるようになりますよね。骨盤の歪みは体全体に影響があるので出来る限り改善をしなくてはいけません。

 

でも、そもそも骨盤の歪みって何が原因なのでしょうか?まずは、骨盤の歪みの原因が分からないと改善も出来ないですよね。ここでは、骨盤の歪みの原因は何が考えられるのかご紹介いたします。自分の骨盤に歪みがあるという人も、歪みの自覚症状がない人も原因を見てみてくださいね。

 

骨盤の歪みの原因は色々ある!

実は、骨盤の歪みの原因って一つではないのです。骨盤の歪みの原因は日常生活が原因のことがよくありますので、どんなことが原因になっているのか見てみましょう。

足をよく組む

まず、多く骨盤が歪む原因としては、普段何気なく足を組んでいる時に骨盤が知らない間に歪んでいるということがあります。その中でも、特に片足だけで足を組んでいる人が歪みやすいです。両方で組んでいる人も骨盤が歪み安いですが、片方で組んでいる方がより歪むと言われています。

 

そのため、足を組む癖のある人は出来るだけ足を組まないようにするのが一番ですが、片足だけで組む癖のある人は、まずは両方の足で出来るだけ組むようにしましょう。

就寝中

夜に寝ている時にも骨盤が歪んでいる可能性はあります。就寝中って、無意識の間に同じ寝相で何時間も寝ている人がほとんどですよね。これは寝相なので仕方ないのですが、寝ている同じ姿勢でも骨盤の歪みは生じます。

 

では、このような骨盤の歪みに効果のある骨盤矯正って、どんな方法があるのかというと、就寝中にも骨盤矯正が出来るような加圧レギンスなどがおすすめです。もしも加圧レギンスを使用する場合は、持っている加圧レギンスが就寝中でも使えることを確認してから使用するようにしてくださいね。
また、加圧レギンスでおすすめの商品は、今はラルフィンガードルという加圧レギンスがおすすめです。

出産による歪み

骨盤の歪みの原因としては、出産による歪みもかなりあります。出産する時には赤ちゃんの頭は回転しながら出てくるものの、どうしても骨盤が開く時に歪みが生じてしまいます。こお骨盤の開きや歪みについては、少しずつ悪露が出てくると同時に改善しますが、骨盤の歪みの微調整については骨盤矯正をしないとなかなかキレイな骨盤にはならないことが多いです。

 

骨盤の歪みの原因に関するまとめ

骨盤の歪みの原因に関しては、色々な原因があることが分かりました。その中でも大きな原因となっているのが、「足を組むことによる骨盤の歪み」と「就寝中の寝相で起こる骨盤の歪み」と「出産による骨盤の歪み」がありました。

 

このように、私たちの骨盤の知らない間に色々な原因で骨盤が歪みやすくなるのですが、この歪みを改善することは可能です。そのため、自分の骨盤の歪みはこれではないかと考えられるものがありましたら、しっかりと骨盤矯正をして骨盤を元の位置に戻すことが大切ですね。