骨盤 歪み 妊娠中

骨盤の歪みは妊娠中に?

骨盤の歪みって、色々な人が起こりやすいのです。その中でも、特に骨盤の歪みが起こりやすい人に妊娠中の方がいます。妊娠中って、ただでさえ妊娠悪阻とかあって辛いのに、それ以上に骨盤の歪みが生じるって結構辛そうですよね。赤ちゃんを産むってとても大変だと思っちゃいますよね。

 

でも、どうして妊娠中の人には骨盤の歪みが生じやすいのでしょうか?ここでは、骨盤の歪みに関することの中でも、妊娠中に骨盤が歪みやすいことの原因をご紹介いたします。妊娠中のこれからお腹が大きくなる人は是非見てみてくださいね。

 

妊娠中に骨盤が歪む症状は?

まずは、妊娠中に骨盤が歪むとどんな症状が起こるのでしょうか?まずは、妊娠中に骨盤が歪むとどんな症状になるのかご紹介いたします。

 

妊娠中に骨盤が歪むと、足の付け根が痛くなったり、腰痛が起こります。足の付け根の痛みについては、ピキッとした痛みが生じるようになります。あまりにもひどいと歩行が困難になる時もあります。腰痛の場合は、どーんとした鈍痛が腰の下らへんにあります。

妊娠中に骨盤が歪む原因

では、どうして妊娠中にはこのように骨盤が歪んでしまうのでしょうか?この原因については、赤ちゃんの出産と関係していることが多いです。

 

赤ちゃんは大きく成長すると生まれようとして頭を下にしてどんどん下へと下がっていきます。最後には、骨盤に赤ちゃんの頭がすっぽりとはまる頃、出産が開始されるのですが、これまでの間には徐々に骨盤が開いて出産に向けて骨盤が緩くなってきます。

 

そうすると、骨盤が歪みだして痛みが生じるのです。これは、赤ちゃんを産む時には骨盤が開くようにホルモンが作用するので止められません。出産が終わると痛みは徐々に引くことが多いですが、あまりにも出産で骨盤が歪んでしまうと出産後も骨盤の歪みから痛みが引かない場合があります。

妊娠中の骨盤の歪みを改善する方法

では、この妊娠中の骨盤の歪みを改善する方法としては、「妊娠帯」を使うことがおすすめです。安産祈願の時から妊娠帯を使っている人も多いと思いますが、これで骨盤の歪みから来る腰痛を改善することが出来ます。

 

とは言っても、この妊娠帯は簡単な作りになっていますし、あまりにもしっかりと引き締めたアイテムだと赤ちゃんを圧迫してしまいますので、歪みがひどい場合にはあまり効果がありません。

 

そのため、妊娠中の骨盤の歪みに関しては、出産して一か月くらい経った頃から徐々に歪みを矯正することが良いとされています。また、最低でも6か月以内に開始すればきちんと骨盤は元の状態に戻りますのでゆっくりと治すようにしましょう。

妊娠中の骨盤の歪みに関するまとめ

妊娠すると骨盤は赤ちゃんが下に下がれば下がるほど歪みが生じるものだということが分かりました。しかし、妊娠中の本格的な骨盤矯正については、出産してから一か月くらい経った後に開始することが、母親の体には良いことが分かりました。