くびれ 歩き方

くびれを作る歩き方で注意することとは?

くびれを作るには、筋トレやエクササイズがありますが、日々の歩き方を変えてみるだけでくびれを作ることが可能です。では、くびれを作るためには、歩き方のどんなことに注意しながら歩けばいいのでしょうか?

 

歩き方って、癖がついているのでなかなか治らない人も多いかもしれませんので、ここでは、くびれを作る方法の中でも、歩き方で何に注意して歩けばいいのかをご紹介いたします。

 

歩き方で注意することはコレ!

くびれを作りたいなら歩き方を改善するのが一番です。では注意することは何でしょうか?早速見ていきましょう。

お腹に意識しながら歩く

お腹に意識がいくと少しお腹に力が入りますよね。何も意識せずに歩くと全くお腹は引き締まりません。くびれを作りたい時には、歩いている時にもしっかりとお腹に意識をいかせることが大切です。

歩き方はまっすぐ!

普通に足を前に出したままだとくびれ部分がひねらないのでくびれを作ることは出来ません。歩き方でくびれを作るには、一本の線の上を歩くようにして歩くことが大切です。また、この時に腹斜筋も一緒にひねるように歩くことがいいですね。

 

歩き方については、この二点に気を付けながら歩くことが大切です。くびれを作りたくてもなかなかできないという人は、この歩き方が出来ているかをチェックしてみるようにしましょう。

 

より効果をアップしたいなら

上記二点の歩き方を注意するとくびれが出来るようになりますが、それでももっと早くくびれを作りたいと考えている場合は、お腹周りを着圧することをおすすめします。

 

では、どうやって着圧すればいいのかと言いますと、着圧レギンスのような着圧商品を常につけていることがおすすめです。また、出来ることなら就寝中も着用出来るものだといいですね。

 

では、就寝中も着用出来るものってどんなアイテムがあるのかと言いますと、ラルフィンガードルがおすすめです。ラルフィンガードルなら、骨盤を矯正してしっかりとくびれを作りますし、就寝中でも履くことは可能ですので、歩く時以外でも着用することが出来ます。

歩き方で疲れない方法

上記のように、歩き方に意識して歩いていると結構疲れてしまします。疲れてしまうとなかなか継続することが難しいですよね。くびれを作る歩き方で疲れない方法は、しっかりと呼吸しながら歩くことです。

 

歩く時に歩き方に意識を集中していると、どうしても呼吸が全然整っていない場合がありますが、これだと体の中に酸素がいきわたらないので疲れが早く出てしまいます。

くびれを作る時に注意する歩き方

くびれを作る時に注意したい歩き方としては、「お腹に意識しながら歩く」「歩き方はまっすぐ!」という方法がありました。この二つを守るとしっかりとくびれを作れるようになりますので意識してみてくださいね。

 

しかし、このように注意ばかりしていると呼吸が整っていないことが多いので、しっかりと酸素を体の中に取り入れながら歩くように心がけましょう。