くびれ エクササイズ

くびれを作るエクササイズって?

くびれを作りたい人は、エクササイズがとても有効です。エクササイズなら、くびれ部分に意識をして体を動かしますので効率的に行えばしっかりと引き締まったくびれを作ることができます。

 

では、くびれを作るためのエクササイズってどんな方法なのでしょうか?まずはエクササイズの方法を知らないとくびれも出来ませんよね。ここでは、くびれを作る方法として、エクササイズのやり方をご紹介いたします。

 

くびれエクササイズは慣れると簡単!

では、早速くびれを作るためのエクササイズ方法についてご紹介いたします。一見難しそうに見えますが、慣れてしまえば簡単ですので早速見てみましょう。

腰を動かすエクササイズ

くびれを作るために必要なことといえば、腰をしっかりとひねったり動かすことですよね。では、その方法を見ていきましょう。

 

まずは、くびれの位置の所に手を当てます。そして、おへそから下の部分を前や後ろに突き出すように前後に動かしてみましょう。ある程度形になってきたら、次は左右にもふれるように腰を動かします。こちらもある程度形になったら、最後は一周出来るようにします。右周りでも左周りからでも大丈夫です。

 

くびれエクササイズのポイント

このエクササイズを初めて行うとかなり形がぎこちなくて本当に出来るのかだろうか?という不安と、コアリズムをしている人ってすごいんだなということに気が付きます。でも、この動きは何度もやっていると腰回りの筋肉がほぐれますし動きのコツも分かってくるので、あせらずに一つ一つの動きをゆっくりとはじめは行うようにしましょう。

エクササイズを行う時のおすすめアイテム

上記のように腰を動かすエクササイズは、道具を使っても行うことが出来ます。では、どんなアイテムを使えばいいのかと言いますと、フラフープを使うことをおすすめします。

 

フラフープの動きって、先ほどご紹介した動きとよく似ていると思いませんか?フラフープはコアリズムの動きに似ており、しっかりと腰回りの筋肉を動かしてくれるのでくびれが出来やすいのです。

 

また、フラフープなら遊び感覚で出来るので一人でもくもくとエクササイズするよりも楽しいですよね。

くびれをエクササイズで作る方法のまとめ

くびれをエクササイズで作る方法は、腰に手を当てて前後左右に動かすことでした。この動きについては、初めは難しそうにみえますが、慣れてしまうととても簡単に出来ますので是非行ってみてくださいね。

 

また、このエクササイズについては、フラフープを使いながら楽しく行うことも出来ます。これなら飽きることもありませんのでおすすめですよ。また、もしもこのようなエクササイズでもっと効果を出したい場合には、加圧レギンスを着用しながら行うことよいです。

 

加圧レギンスなら加圧することで効果的にくびれを作ってくれますので、エクササイズの効果もアップします。どんな加圧レギンスがいいかというと、今ならラルフィンガードルという商品がおすすめですよ!